ヨーロッパで定番になっているお菓子クグロフはおもてなしに最適

Kouglof

こんなに楽しめるクグロフのサイズ

チョコケーキ

見た目も味も多彩なお菓子クグロフ。一般的には大勢で集まった中で切り分けて食べるというものがメジャーです。ですがすぐに食べきれなくて余ってしまうのが嫌で敬遠していたという方もいるのではないでしょうか?そこで今はクグロフのサイズも多彩に揃っているのです。さすがネット通販で人気のスイーツと言われているだけありますね。
例えばカップルで召し上がる際に2人で取り分けて食べたいというサイズがあるのです。通常のクグロフが直径約17センチほどで高さが8センチ程度。5人から6人用であるのに対し、カップルサイズなら直径13センチほどと一回り小さい印象です。2人で仲良く召し上がることができるお手頃サイズとなっています。さらに最近はお一人でお取り寄せスイーツを楽しむという方も増えておりますよね?そこでなんとミニサイズのクグロフも登場しているのです。直径6センチ程度で高さも3センチから4センチくらいの手のひらサイズ。一口でパクッと食べられるお手軽スイーツです。ティータイムにちょっとオシャレなクグロフで楽しむというのはいかがでしょうか?
ネット通販でオーダーしても1週間程度は常温で保存が出来ることが多く、用途も多彩ですしお味も選ぶことができます。今度のお菓子はクグロフを選んでみませんか?

クグロフは1年を通して楽しめるお菓子です

あのマリーアントワネットも愛したというフランスの伝統菓子クグロフ。近年では日本でも注目されておりネット通販などで話題のスイートして多数紹介されています。このクグロフの魅力は1年を通して楽しめるお菓子という点です。
まずは春、門出と出会いの季節のギフトとしても良いですし、桜の下でお花見をしながらシャンパンとクグロフという組み合わせもピッタリです。ウェディングシーズンになりましたら引き出物としても良いでしょう。クグロフはフランスで慶び事の時のお菓子として定番なのです。暑い夏が来たらクグロフをひんやりと冷やして冷たいフルーツを添えたり果実のジャムを加えても楽しめます。秋となれば温かなお飲み物が欲しくなる頃。
ティータイムのお供にシュガーパウダーをたっぷりかけたクグロフはいかがでしょうか?ハロウィンではクルミやアーモンドを加えたクグロフで秋の味覚を堪能することもできます。クリスマスは特別なデコレーションをしてクグロフをパーティーの主役にしてみましょう。帽子のようなその形もまるでこの日のためにあるようですね。さらにお歳暮にもクグロフは最適で年代問わず喜ばれるお菓子です。
このように、年間を通して様々な愉しみ方ができるお菓子。ネットから気軽に購入できますので、ぜひあなたのライフサイクルに加えてみてください。

ワンランク上のスイーツならクグロフがおしゃれ

ちょっとした手土産が必要になる機会は、案外多いものです。差し上げる相手に喜んでもらえることはもちろんですが、可能ならばちょっと印象に残るような、特別なお土産を渡したくなることがあります。周りの方々と差をつけることができる、ワンランク上のお土産スイーツとしておすすめ出来るのがクグロフです。
クグロフとは、ヨーロッパの国々でポピュラーな焼き菓子のひとつ。フランスやドイツでは昔から親しまれ続けてきた、歴史あるスイーツなのです。クグロフは、表面にギザギザの小さな山型が並んでいる蛇の目型のお菓子で、非常にバリエーションに富んでいるため、贈る相手を選ばないという点もうれしいところ。
バターをたくさん使ったリッチなものから、ナッツやチョコレートを入れたもの、そして抹茶風味の和風のものまで、さまざまなクグロフが売られています。このお菓子のもうひとつの長所は日持ちがするところ。
また、形が崩れにくい点も、お土産には最適です。もちろんお土産用としてだけではなく、自宅にお客様を招待したときのおもてなしスイーツとしても、活躍してくれそうなお菓子です。クグロフの入手方法ですが、通販を利用するのが一番手軽でしょう。いろいろな種類のクグロフがあるので、思わず目移りしてしまうかもしれません。